12月の武士道杯&直心館大ビンゴ大会が行われました

4日(土)、12月の武士道杯が行われました。試合内容を見てみると、飛び込み面・相面・出小手・抜き胴・返し胴・面擦り上げ引き面と、子ども達が色々な技を出せるようになってきています。成長が見られてとても嬉しいです。最優秀選手には湯川選手が選ばれました。大きな声を出して正しい面打ち、小手面打ちができていたこと。打った後もよく伸びていたことが評価されました。特別賞には鈴木選手が選ばれました。どの相手と試合をするときも、自分から先をかけて勝負する攻めの姿勢が素晴らしいことを評価されました。仲間の良いところを取り入れて、みんなでレベルアップしていけるとよいと思います。

武士道杯の後には…「大ビンゴ大会」を行いました。「現在の状況下でも、大人や子どもみんなが楽しめるイベントを」と考えて実施したものです。会員の皆様から「ちょっといいもの」をご寄付いただき、また道場からもたくさんの景品を用意し、ビンゴをしました。とても大盛況でした。みんなが楽しそうに喜んでいる顔を見ると幸せな気持ちになりますね。やってよかったと思います!次の道場イベントは「星空観望会〜月と天王星〜」です!剣道も遊びも学びもある、直心館鈴木道場への入会をお待ちしています!!

祝!原浜三先生が教士号審査に合格!

秋の審査会において、原浜三先生が見事教士号審査に合格しました。おめでとうございます!これで直心館に4人目の教士七段が誕生しました。大切な仲間がどんどんステップアップしていくのは本当にうれしいです。来年は六段・四段審査を受ける人が数名ずついるので、合格に向け、みんなで立ち合いや剣道形の稽古を積んでいきたいと思います!

教士号の合格者はこちらをご覧ください。

金太郎錬成会に参加してきました

11月28日(日)南足柄市体育センターで行われた金太郎錬成会に参加してきました。午前は4年生以下、午後は5・6年生の個人戦並びに団体戦でした。直心館からは5名が参加し、優勝2名、準優勝1名、三位1名という結果でした。それぞれ10試合程度行うことができてとてもよい経験となりました。地力が付いてきています。これからどんどん鍛えていきたいと思います!

祝!初段審査に2名合格!

本日、小田原スポーツ会館にて小田原地区三段以下審査会が行われ、初段に萩原さん・阿久澤くんが見事合格しました。おめでとうございます!レベルアップを目指し、さらに稽古を積んでいきましょう!

11月の武士道杯が行われました

本日、11月の武士道杯が行われ、幼児から中学校3年生までの子ども達が熱戦を繰り広げました。最優秀選手賞には小野澤選手が選ばれました。捨て切って打った立ち合いからの小手面、相手の手元の崩れに合わせて打った小手など、打突の好機を捉え思い切りの良い技で勝利したことが評価されました。特別賞には須藤選手が選ばれました。初太刀の相面、小手抜き面、返し胴など、頭を使って考え色々な技を試して勝利したことが評価されました。以前に比べて気持ちを前面に出せるようになってきたことも評価の大きなポイントでした。賞に選ばれた選手たち以外も素晴らしい内容の試合をしていました。子ども達の成長、見ていると本当に嬉しくなります。今後のさらなる成長が楽しみです!

南足柄チャレンジカップに参加してきました

10月30日(土)、南足柄チャレンジカップに参加してきました。団体戦・個人戦とも初戦での敗退となってしまいましたが、コロナ禍でもこうして試合ができることに感謝したいです。主催してくださった奥津先生をはじめ、関係の皆様ありがとうございました!

椎名先生による指導稽古が行われました

本日の稽古に、川崎から椎名春夫先生がご来館されました。また、川崎の小田剣心会の星倉先生と子ども達、小田原剣連の和田先生・山﨑先生も稽古に来てくださいました。9時半から約2時間、切り返し・面打ち・小手打ち・小手面打ち・面擦り上げ面・面擦り上げ小手を椎名先生に重点的にご指導いただきました。切り込む打ちを身に付けるためには、間合い・左足の引き付け・足を継がず一足一刀で打つこと・背筋を伸ばすことなどが重要であることを示範しながら教えていただきました。他にもたくさんの貴重なお話を聞くことができ、稽古に参加した人たちにとって深い学びになりました。八段・七段の先生方6名を基立ちに、子供達もたくさん稽古をいただけました。大人同士も40~50分ほど地稽古をすることができ、椎名先生からは一人ひとり丁寧に地稽古をいただき、とても実り多い稽古となりました。椎名先生・お越し下さった皆様、本日はありがとうございました!またのご来館をお待ちしております!

神奈川県剣道道場連盟女子錬成大会で鈴木選手が優勝!朝野選手が三位!

本日、神奈川県立武道館で神奈川県剣道道場連盟女子錬成大会が行われました。直心館からは5名の選手が参加しました。この錬成大会は女子同士の輪を広げるのを大きな目的として一昨年から行われているものです。午前は個人戦、午後は異なる道場の選手5名を1チームとして団体戦が行われました。そこで鈴木選手も勝利を重ね、チームの優勝に貢献しました。決勝戦では高鍋選手と両者譲らず引き分け。有効打突に近い引き小手も出せました。地力が付いてきました。鈴木選手、神奈川県で優勝、おめでとうございます!朝野選手も大将としてチームをまとめ、3位になりました。粘り強く相手に打たせず、試合展開に応じて勝利・引き分け、とても素晴らしいです。この経験を持ち帰り、直心館女子部の更なるレベルアップを期待します。選手の皆さん、お疲れ様でした!!