門松先生ご来館

水曜日の稽古に、豊川剣友会の門松先生がご来館されました。館長や純也先生が子供の頃からお世話になってきた先生が直心館に稽古に来てくださり、とてもうれしい気持ちでいっぱいでした。子どもたちにも、「継続は力なり」「素直な気持ちの大切さ」を教えてくださいました。これからも直心館にどんどんお越しください!お待ちしております!

横浜より西菅田剣友会さんご来館!

14日(土)、横浜から西菅田剣友会のみなさんがご来館されました。練習試合・子ども同士の地稽古・大人による指導稽古・大人同士の地稽古と、半日でしたがとても充実した時間を過ごすことができました。西菅田剣友会の皆さんは、スピード感のある素晴らしい剣道で、しかも上下左右を使い分けていて、私たちはたくさんのことを学ぶことができました。近年の状況から、なかなか道場での交流をしていませんでしたが、こうして今回久々に大きな交流ができてとてもよかったです。西菅田剣友会のみなさん、遠方よりお越しいただきありがとうございました!今度はお邪魔させてください。今後ともよろしくお願いいたします。

直心館では練習試合・交流、大歓迎です。ぜひ館長にご連絡ください。

館長携帯:080-3388-0072

祝!直心館鈴木道場創立10周年!!

本日、令和5年の稽古始めを行いました。直心館鈴木道場は、本日で創立10周年となりました。たった9人でスタートした道場も、今ではおよそ50人の大所帯となりました。ここに集まる一人一人が道場を大切に思ってくれているのを感じますし、こんなに素晴らしい仲間に囲まれていると、これからもずっとこの関わりを大切にしていきたいと強く思います。そして、今日は東京都の五本木武道館から杉能先生親子が出稽古に来てくださいました。今は東京で剣道をされていますが、元々は同じ地元・出身校の先輩とこうして久々に稽古できることにとても幸せを感じます。遠方よりありがとうございました。直心館に小田原剣連だけでなく、神奈川県の内外からたくさんの人が来てくれることが本当に嬉しいです。直心館が目指すのは「人を大切にする道場」「剣道をしたい人が誰でも集まれる道場」です。稽古はとことん厳しく、真剣に。「みんなが本気で剣道を楽しめる道場」です。また次の10年に向けて、会員・保護者、一丸となって頑張って参ります。引き続き応援よろしくお願いいたします!!

 

静岡県から出稽古に来られました

26日(月)、静岡県御殿場市から鈴木先生がご来館されました。面を付けて基本から一緒に汗を流してくださり、また子供たちにも熱心にご指導していただきありがとうございました!稽古に来てくださったきっかけがInstagramで直心館の稽古風景を見て興味を持ったことだとうかがいました。SNSを通じて、こうして剣道の輪が広がることが大変嬉しく思います。これからもこうしてたくさんの方に直心館に足を運んでほしいと願っています。みなさまのご連絡、お待ちしております!

館長携帯:080-3388-0072

2022年の稽古納めをしました

24日(土)、2022年の稽古納め・大掃除を行いました。剣道は残心が大事です。「一年間の残心を示そう」「道場という場への感謝を表そう」という館長の声かけのもと、みんなが稽古も掃除も頑張りました。これで、すっきりした気持ちで新年のスタートを切ることができます。稽古納めをしましたが、直心館では12月26日(月)・28日(水)を自由参加稽古としています。「年内、もう少し稽古がしたいな〜」という方がいたらぜひ館長に連絡し、稽古にお越しください。ご連絡お待ちしております!

南足柄チャレンジカップに出場してきました

本日、南足柄チャレンジカップに出場してきました。直心館からは大学生チームと、アラフォーチームが参加しました。アラフォーチームは予選リーグ・決勝トーナメント1回戦を勝ち上がり、ベスト8という成績でした。勝利のために一本を繋ぐ戦いがとてもカッコよかったです。小中学生にも生で見せてあげたい試合ぶりでした。選手のみなさんお疲れ様でした!また大会を開催してくださった主催者の皆様、ありがとうございました!

静岡県・東京都から出稽古に来られました!

14日(水)の稽古に、静岡県の三島剣道スポーツ少年団の村松先生、藤本先生、生徒さん2名が出稽古に来られました!また東京都からも2名小中学生が来てくれました。平日にもかかわらず、他都県から直心館に足を運び剣を交えてくださることがとてもうれしいですし、感謝の気持ちでいっぱいです。村松先生、藤本先生、熱いご指導ありがとうございました!直心館は「子どもを育てる、大人も楽しむ、夢いっぱいの剣道場」です。ここに来る子どもたちはみんな大切に育ててあげたいと考えているので、子どもたちもどんどん出稽古に来てくださいね。またのご来館、お待ちしてます!

12月の武士道杯が行われました

10日(土)、12月の武士道杯が行われました。3チームに分かれての団体戦と紅白に分かれての勝ち抜き戦をしました。「ただ一生懸命に打つのではなく、相手を引き出したりタイミングをずらしたり工夫してみよう」とめあてをもって試合をしました。どの子も考えて試合をしているのが分かり、とてもうれしくなりました。最優秀選手賞には荒井選手が選ばれました。一本取られても慌てず取り返して勝利したこと、緊張する代表戦でもきっちり勝ち切ったことが評価されました。特別賞には湯川選手が選ばれました。「習った技を実践で試そう」という気持ち、そして一本を取ったことが評価されました。1月の稽古初めでは、恒例の紅白戦を行い、全員が試合をします。どんな試合が繰り広げられるのか、今から楽しみです!