神奈川県で勝ち抜くためには

このエントリーをはてなブックマークに追加

F4C3E3A6-9276-4639-A786-C55247E6D514 019757B7-4DCD-4F2C-A025-DE648E3909E4D37F5E30-3C14-490F-9B48-B17C158374C8

 

直心館の子どもたちは確実に力を付けてきています。上級生5人(高2二人、高1二人、中3一人)がそれぞれ結果が出てきました。高体連県ベスト32、中体連県ベスト16は、道場開きから6年8ヶ月の道場としては十分な実績だと思います。本当に素晴らしいし、指導者として直心館の剣道に自信が持てます。でも勝負はここからです。ここから上で戦える、そして関東大会や全国大会に出場できる選手を輩出するには、絶対に覚えなければならない課題があります。それは①引き技を打たれない術を身に付けること、②引き技を打てるようになることです。つばぜり合いをいかに優位に立って進めるかを教えなくてはいけません。そして思い切った引き技を打てるようにしなければいけません。上の写真は、宮坂選手が8掛けの延長戦で打たれた「担ぎ引き面」です。実は直心館でも一生懸命に練習しているところです。でもまだ実戦で使えるレベルまでに磨かれていません。前に出る攻め・技は、直心館の子どもたちに身についてきていますが、引き技はまだまだです。これから重点的に鍛えていこうと思います。そして必ず、近い将来、子どもたちを全国に連れて行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>