指導者を育てる

このエントリーをはてなブックマークに追加

A42E270E-3B90-4952-A6A9-159D3FF1196D30B939EA-4866-420F-8CE9-8233220B54D3

 

直心館で剣道を始めた最上級生は高校3年生になり、部活を引退しました。高校の部活は引退しても、剣道に引退はありません。これからは自分の剣道を追究しつつ、指導者として下を育てることも考えなくてはいけません。剣道の世界では年長者の立場が強く、若い指導者が排除されてしまう場面を目にすることがあります。でもそれではいけないと思います。道場が継続して発展していくためには若い力が必要です。若手を育て、年長者は一歩引いたところから全体を支えていく。それが理想形だと私は思います。直心館はそんな道場でありたいです。当面の私の目標は、この二人を指導者として育てていくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>